menu

実家が空き家になった時の対策方法

誰も住んでいない古い住宅の活用術3つ!

古い屋の再利用活用法

使わない空き家を放置していると損をする可能性があります。

この手軽な3つの活用術で、空き家をしっかり有効利用してください。

活用術その1:空き家をそのまま活用する

古くなった空き家をそのまま活用する方法として、近年注目されているのが「空き家バンク」という制度です。

空き家バンクに登録するだけで、自らの手を煩わせる事なく空き家を賃貸物件として活用する事ができます。

賃貸物件としての有効活用は、空き家をそのまま放置した場合の倒壊の危険や、犯罪の拠点になるといったリスク等を回避するためにも役立つ方法です。

空き家バンクのほとんどは各地の自治体が運営しているので、その意味でも安心してご利用できるでしょう。

もう一つの空き家をそのまま活用する方法として、自ら賃貸経営を行うというやり方もあります。

この方法を採る為には、空き家をある程度改修する必要はありますが、各市町村の助成金制度などを上手に使えば最小限の費用で賃貸物件として利用できるでしょう。

空き家を借りたいという人の中にはできるだけ低価格で物件を借り、自分たちの手で時間をかけて少しずつ理想の物件に改修したいという方もいます。

そういう借り手が見つかれば、空き家を改修しないままで貸し出す事も可能です。

活用術その2:空き家を解体して活用する

古い空き家の場合、改修費用と解体費用を比べたとき解体した方が安く済むという事もあります。

自治体によっては解体費用の一部を助成する制度を実施しているところもありますので、改修と解体で迷った場合は相談してみる事をおすすめします。

空き家を解体したほうが合理的という結論になった場合、更地のままで有効活用をする事もできますが、固定資産税の負担を考えると何らかの方策を採る必要が出て来るかもしれません。

有効活用の方法としては、飲料水などの自販機の設置、駐車場、コインパーキングといった活用の選択肢があります。

また更地を定期借地にする事で、コンビニやファミレスなどの店舗として貸す事も可能で、安定的に長期的な収入が見込めるでしょう。

活用術その3:空き家を解体し新しく家を建てる

空き家解体後に更地に建物を新築しマンションやアパート経営をしたり、一戸建て住宅を貸すなどして活用する事もできます。

建物を新築する事で流行のデザインの採用や、最新の機能を持たせる事もできるでしょう。

最近人気の高い一戸建て住宅は物件数が少ないのに対し需要は増加傾向で、安定した収入源になる可能性があります。

そのため老後の収入を確保する目的で、賃貸物件を新築する空き地所有者も増えているそうです。

不動産運営は立地条件等によっては入居者を集めるのに一苦労するケースもありますので、よく調査し専門家に相談した上で活用の方法を決めるようにしてください。

その他の活用方法もある

ここまで紹介した他にも、高齢者用の住宅や低所得者向けのシェアハウス、母子家庭向けのマンションやアパート、子供の居場所作りの一環として集会場として活用するなどの活用術があります。

空き家を放置していると建物が老朽化するだけで、デメリットが発生するリスクがあります。

その空き家を低価格で人に貸したとしても、老朽化の進行を食い止める事ができる、適正管理という手間から解放される、近隣住民への迷惑や犯罪の誘発などを回避できる等のメリットが得られます。

空き家をそのまま放置するのではなく、有効活用の方法を探したほうが得策かもしれません。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?