menu

実家が空き家になった時の対策方法

空き家でも加入できる火災保険?!保険料はいくら?

空き家火災保険の加入と保険料の知識について

「空き家だから火災保険に入る必要はない!」と、思っていませんか?

実は空き家を放置した場合、最も危険なのが火災なのです。

人が住んでいないから火の気がない、だから火災の心配などないと思っている所有者ほど、空き家の火災に注意が必要です。

人が住まない空き家に火災が起こる?

空き家を所有している方の多くが、火災保険に未加入であるといわれています。

これは大変危険な状態と言わざるを得ません。

平成25年の火災状況を見てみると総出火件数は4万8千件以上で、前年度のデータと比較すると4千件ほどの増加が見られます。

このデータによれば1日130件前後、10分間に1件の火災が発生している結果になるのです。

そのうち建物火災は2万5千件以上に昇り、放火または放火の疑いがある出火は17年連続で出火原因のトップに上がっているという事実もあります。

出火原因別では放火が5093件、タバコの火の不始末が4454件、放火の疑いが3693件となっています。

この数字が何を表わしているのかお分かりでしょうか?

住宅や建物を空き家にしていると、放火や放火の疑いのある出火の原因になる可能性があるという事です。

空き家となっている住宅や建物は青少年のたまり場になったり、犯罪や事件事故の現場になるなどの問題が全国で発生しています。

そうした中で、放火やタバコによる不始末が原因の火災も多数発生しているのです。

空き家に火災が起こると建物の損害だけでなく、周辺住民への被害にまで及ぶ危険性があります。

火災の原因が何であれ、空き家の所有者が責任を問われる事もあります。

責任を問われた場合、多大な賠償金を請求されたというケースも少なくないのです。

そんな時に頼りになるのが「空き家の火災保険」です。

空き家の火災保険について

「空き家の火災保険」とはどういったものなのかを説明しましょう。

現在のところ、空き家の火災保険を受け付けている保険会社はまだ限定的ですが、保険に加入する事は可能です。

人が住む住宅の火災保険は「住宅物件」であるのに対し、空き家の場合は「一般物件」として加入する事になります。

「一般物件」は「住宅物件」より割高で保険料も高く設定されています。

その理由は、空き家は日々管理する住民がいないため、災害へのリスクが高くなると判断されているからです。

保険料は建物の規模や仕様、地域などによって異なりますが、一般的な保険の2割から3割増しと考えればいいでしょう。

具体的には補償金額は600万円程度から、年間の保険料は2万~3万円程度というのが一般的です。

万が一、空き家に火災が発生したら周囲の人々に迷惑を掛けるだけでなく、自分自身の資産まで失う結果になるのですから、年間2万~3万円程度という保険料は高くないと考える事もできるのではないでしょうか。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?