menu

実家が空き家になった時の対策方法

住人のいない空き家の火災保険料は割高になる?

空き家の火災保険料についての情報を知るべし

「空き家に保険なんてもったいない」と思っている方は、空き家が関わる事件や事故等を全く把握していないのかもしれません。

中でも空き家火災は年々増加しています

住人のいない空き家で火災が発生するというのは、「放火」もしくは「不法侵入」によるタバコの不始末等が原因です。

空き家火災は建物に不法侵入した人が火災に巻き込まれたり、空き家から出火した火が近隣の建物に燃え移る等、所有者以外の人間を危険にさらすリスクが高いものです。

放火や第三者による火の不始末の場合、空き家の管理すべき所有者の責任も問われる事になりますので十分に注意をしましょう。

こうした問題を考えると、空き家だからこそ火災保険に加入する義務があるという事になるのです。

空き家の火災保険について

空き家の火災保険は一般的な住宅の火災保険と違い、建物の所在地・構造・目的・用途等によって保険料の金額が異なります。

火災保険の建物区分は用途別に住宅物件、一般物件、工場物件、倉庫物件の4種類ですが、空き家に関しては人が住んでいないという事から一般物件として契約が行われます。

空き家の場合は住宅物件と違って一般物件になるわけですから、事件事故のリスクを考慮して保険料は割高です。

ただし保険会社の方針や空き家の状況などによっては、住宅用物件として契約できる火災保険もあります。

例えば空き家を管理するために定期的に親族や家族が頻繁に寝泊まりするような状況であれば、一般物件ではなく住宅用物件として契約する事が可能のようです。

その他、オフシーズンに別荘感覚で空き家を利用している、所有者の仕事上の転勤や入院等で一時的に空き家になっている、賃貸物件として空き家で借り手が一時的にいないなどの状況の場合も住宅用物件として契約できるケースもあります。

この場合は空き家の中に家財道具一式を常備する等の条件が付いている事もあるようです。

いずれにせよ、火災保険を検討する際は自己判断で一般物件と決め付けず、事前に保険会社に相談するようにしましょう。

火災保険料は専用住宅物件、併用住宅物件、一般物件という順番で高くなりますので、その点も充分に注意する必要があります。


保険で損しない為には?


火災保険はどこまで補償してくれる?

一般的に火災保険とは火事で家が焼けたという状況に対してだけ補償されるわけではなく、落雷や破裂、爆発などが原因で家を損壊した場合でも補償が行なわれます。

保険の種類によっては台風や暴風、その他の風による災害、大雪による災害などの損害に対しても一部補償してくれる場合もあります。

つまり火災保険といっても、「火」に関するものだけが対象となるわけではないという事です。

火災保険の補償範囲については契約時に加入者自身が選ぶ事ができますが、補償範囲が広ければ広い分だけ保険料も高くなるというデメリットがあります。

自然災害が原因で火災が発生した場合には、火災保険では補償されないなどの細かい取り決めもありますので、保険の契約内容には隅々まで目を通して十分理解してから契約する事をオススメします

現状では空き家の火災保険を取り扱っていない保険会社もまだまだ多いようですが、まずは問合わせ窓口などに相談してみるといいでしょう。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?