menu

実家が空き家になった時の対策方法

マンション売却は最低でも3ヶ月前から準備が必要になる?

マンション売却は3ヶ月前から準備が必要

マンションを売ると決めたら最低でも3ヶ月前から準備が必要です。

この準備があるかないかで、マンション売却に要する期間も大きく異なってきます。

しっかりとした準備期間を設けると、売りに出してから1ヶ月ほどで売却を完了するケースもあります。

準備をおろそかにしたことで、数年経過してもなかなか売れないという例もあるのです。

必ずしもしっかりと準備をしたからといって早く売れるとは限りませんが、準備期間の有無が売却に大きな影響を与えることは事実です。

物件公開までにかかる目安は3ヶ月

マンションを実際に売りに出すまでの目安はおよそ3ヶ月程度といわれています。

このことから、長くても1年のスパンで計画を立てるといいでしょう。

事前の調査としては、マンションの価格相場の確認と査定の実施が挙げられます。

現在のマンション評価額を知り、媒介契約を結ぶ不動産を探す等の準備をするとなると、およそ1ヶ月から2ヶ月程度は必要になります。

仕事やその他の都合でなかなか事前調査の作業に専念できない場合は、それ以上に時間がかかると考えて、最低でも3ヶ月前から準備に取り掛かることをオススメします。

その後、信頼できる仲介業者を見つけ、物件の公開、販売活動などがスタートします。

仲介業者に販売活動を一任することもできますが、媒介契約の内容によっては、自分自身で買い手を見つけることも可能です。

マンションの内覧希望者が現れた場合、その対応への準備も必要になります。

日ごろからマンション内外部の掃除や修繕などのメンテナンスをこまめに行うようにしましょう。

物件公開から買い手を見つけるまでの理想的な期間は3ヶ月程度です。

スムーズに買い手が見つからない場合は3ヶ月から半年、1年程度のゆとりをもって計画を立てるといいでしょう。

買い手との交渉や重要事項の取り決め、契約、ローン申請、引越し、物件引き渡しまでに、1ヶ月から2ヶ月ほど時間を要します。

計画をスムーズに進めるために必要な事前準備

おおよその流れと期間が把握できたら、事前に準備できるものをピックアップしましょう。

入手する書類によっては、申請から手元に届くまで時間を要するもの、手続きが面倒かつ不便なもの、紛失や盗難などの理由で再発行を要するものなど、スムーズに準備ができない書類が多々あります。

仕事や家事をしながらマンション売却を進めている場合、役所や税務署、銀行などの各種手続きが計画的にできない可能性もあります。

これらをすべて考慮した上で、ゆとりを持って準備に取り掛かるようにしましょう。

マンション売却の目標日からさかのぼって、最低でも三ヶ月前から具体的な売却計画を立てるようにすることをオススメします。

実家や空き家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅が古いが大丈夫かな?
  • 田舎だから処分が大変そうだな・・・。
  • 家の処分方法が分からないけど大丈夫かな?
など、家の処遇で悩みがあるならこちらをチェック!
住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!

実家や土地をうまく活用できないか?でお悩みの方

  • 出来れば土地を売らないで、活用できないか?
  • せっかく土地があるから収入源にならないかな?
  • 両親の意思を尊重して馴染みがある土地は残したい!
など、家や土地を売らずに対処できないかと考えているならこちらを見てみましょう。
土地活用を考えているがどうしたら良いの?