menu

実家が空き家になった時の対策方法

住宅売却トラブルを防ぐ為の不動産業者の選び方

トラブルを防ぐ為の不動産業者の選び方

家を売るときに成功するか失敗するは、信頼できる不動産業者に出会えるか否かで決まるといわれています。

個人で家を売りに出す方もいますが、専門的な知識がないとスムーズな売却は難しいようです。

多くの方はこの点を考慮して不動産業者に仲介を依頼しますが、だからといって必ず家が売れるとは限りません。

自ら不動産売買についての知識を得ることも必要ですが、依頼した不動産業者との相性が悪ければ思い通りの売却が可能にならないこともあります。

不動産業者は全国各地に数多く存在しています。

業者によって、建物や土地の評価基準、販売方法、広報活動、交渉手法、利益優先型などが違ってくるのは言うまでもありません。

家の売買は取引金額が大きいだけに、できる限り失敗は避けたいと考えるのは当然のことでしょう。

ここでは、家を売る際に発生しがちなトラブルを未然に防ぐための不動産業者選びの2つのポイントを紹介します。

ポイント1・不動産業者の行政処分歴を調べる

最初のポイントとして、利用する不動産会社が悪質な業者ではないかを調べておきましょう。

悪質業者に家の売買を依頼すると、大きなトラブルを抱える危険性があります。

一般の方は不動産業者と関わる機会があまりないため、悪質業者の見分け方が分からないというケースが多く見られます。

悪徳業者であるかを判断する基準として、過去の行政処分歴を調べるという方法があります。

行政処分とは、家の売買に関して法令違反があった場合に課せられる罰則です。

不動産業者の行政著聞情報は、国土交通省地方整備局等の窓口、もしくは都道府県庁の窓口への問い合わせで調べることができます。

インターネットから、国土交通省の「ネガティブ情報等検索システム」で、都道府県が行った監督処分情報の一部をチェックすることも可能です。

ネットでの情報収集は24時間可能ですので、情報を収集した後に売買の準備に取り掛かるようにしましょう。

ポイント2・信頼できる不動産業者を見つける方法

良い不動産業者を見つけるポイントは、複数の業者にアプローチすることです。

これは複数の不動産業者に相談することで、業者同士の比較や検討が可能となるためです。

例えば各業者の業務内容や評価基準、販売活動、実績などを比較することで、どのような業者が優れていて信頼できるかが見えてくるでしょう。

不動産業者選びに時間がかかったとしても、決して無駄にはなりません。

むしろ、準備に時間をかければかけるほど、家の売買が安全かつスムーズに進められると言い換えることもできるのです。

不動産業者を通して家の売却を行う場合は、信頼できる不動産であるかを判断した上で依頼するようにしてください。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?