menu

実家が空き家になった時の対策方法

実家の空き家を解体するメリットとデメリットを比較しよう!

空き家を解体する時メリットとデメリットを知っとくべし

放置空き家は、老朽化が加速的に進みます

そうした状態でさらに放置すると台風や積雪だけでなく、ちょっとした突風などでも倒壊の危険性が高まり、周辺の住民の生活環境を脅かす存在となるでしょう。

老朽化の状態によっては、修復に費用をかけるよりも解体に踏み切ったほうが無難なケースもあるのです。

ここでは不要になった空き家を解体し、更地にする際のメリットとデメリットをまとめてみました。

空き家を解体するメリット

長く放置した空き家は、いつ何時どのようなタイミングで倒壊し周囲の人間に危害を加えるか分かりません。

空き家の倒壊で死傷者が出た場合、「あの時早く対処しておけばよかった」では済まない状況になる事は想像できるはずです。

過去には空き家の所有者が損害賠償を請求された例もあり、第三者に迷惑をかけるような危険性があるのなら解体するのが得策といえるでしょう。

空き家を解体する事により、建物の倒壊による被害を未然に防ぐ事ができるからです。

また解体する事で、売却がしやすいというメリットも出てきます。

老朽化した建物を残したままで、いわゆる「古民家付き土地」として売りに出すよりも、まったくの更地のほうが買い手にとって有利な事が多いからです。

全国の地自体では空き家対策の一環として解体費用の一部補助金を出しているところもありますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

補助の金額は自治体によって異なりますが、土地面積等によって30万円~100万円程度が期待できます。

空き家を解体するデメリット

空き家を解体するときに生じるデメリットを考えて見ましょう。

まず第一に空き家を解体すると、住宅用の土地ではなくなるため税金が高くなります

通常、空き家等の不動産には、固定資産税と都市計画税という税金がかかっています。

住宅用としての不動産の場合、土地にかかる固定資産税は6分の1の軽減が実施されます。

更地になる事で「住宅用」という項目から除外されると、固定資産税はこれまでの6倍となり、都市計画税も土地面積や世帯数等によって倍以上の負担を強いられます

そのため、空き家を解体して更地にしたらすぐに売却するか、他の活用方法を考えるなどの対策が必要です。

空き家解体にかかる費用について

実際に空き家を解体する際に、どのくらいの費用がかかるのかを調べてみました。

解体費用は建物の規模や空き家のある場所、立地条件、構造等によって価格は大きく異なりますので、以下に記した金額はあくまでも目安として参考にしてください。

・木造住宅の場合、坪あたり3万円~4万円
・鉄骨造住宅の場合、坪当たり4万円~5万円
・鉄筋コンクリート造住宅の場合、坪当たり5万円~6万円

上記の目安を踏まえて計算すると次のようになります。

・木造平屋50坪で、およそ130万円前後
・鉄骨造2階建て40坪程度で、およそ180万前後
・鉄筋コンクリート造2階建て60坪で、およそ310万円前後

となり、作業員2~3人で3~4日程度の解体作業が必要です。

こうした価格は各地域、業者、空き家の現状況等によって違ってきますが、目安の金額として参考にできるのではないでしょうか。

各市町村の中には解体補助金を出しているところもありますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

補助金と解体にかかる費用を計算すると、自分で準備すべき金額の概算が分かるはずです。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?