menu

実家が空き家になった時の対策方法

更地を活用する3つの低リスクな方法!空き家の解体後に利用可能

更地を活用する空き家の解体後も使用可能

古くなる一方の空き家を管理し続けるのは、費用や労力などの面で厳しい問題があります。

この際、思い切って建物を解体するというのはどうでしょうか。

空き家をリフォームやリノベーションで新築同様に改修し、活用の幅を広げるという方法を採るにはかなりの費用が必要です。

建物の現状や敷地の広さなどによって条件は異なりますが、その後の活用を考えると数千万円もの費用を要する場合もあるようです。

解体にかかる費用は数百万円程度で済むだけでなく、一部の自治体では助成金を補助する制度を実施しているとこもあります。

空き家の解体にはリフォームやリノベーションのようにローンを組む必要がほとんどないため、リスクを最小限に抑えた土地活用が期待できます。

活用事例その1・駐車場

空き家を解体した後、最も初期投資を抑えた活用方法として注目したいのが駐車場です。

更地を駐車場として運用するという方法は、他の方法に比べてリスクがかなり低いという特徴があります。

運営開始後に駐車場の経営に不安を感じたときは、1ヶ月前にその旨の通知を行うだけで手軽にもとの状態に戻す事ができるというのもメリットのひとつです。

駐車場として安定した収入を得たい場合は、更地をアスファルト舗装したり、屋根を付けるなどの整備をしてもいいでしょう。

この方法なら多少の費用はかかるものの、更地のまま活用するより多くの利益が見込めます。

本格的に駐車場運営を行ない高い収益を獲得したいなら、コインパーキングに作りかえるという方法もあります。

通常の駐車場と比較すると利用料金を高く設定でき、その分多くの収益が期待できるはずです。

条件次第ではコインパーキング運営会社に運営を依頼することで、十分な利益を生み出す等の土地活用も可能でしょう。

事例その2・事業用定期借地

事業用定期借地とは、居住用ではなくビジネスのために土地を貸すという活用方法です。

これは事業用の建物を建築するために土地を貸すという方法で、全国のコンビニやファミレス等の建物は事業用定期借地によって運営されているケースが多いのです。

借地権の存続期間は30年以上50年未満で、契約期間終了後に借地人は建物を撤去し元通りの状態にして地主に返還するという条件があります。

事業用定期借地を設定するメリットは、以下の通りです。

・土地を貸しても契約終了後は更地で返還される。
・期間が決まっているので次の契約が進めやすい。
・保証金や契約期間中の安定した土地収入が見込める。
・立ち退きの際のトラブルの心配がない。
・テナントの退去リスクを回避できる。

上記のように一般的に地主が抱えやすいリスクは軽減され、土地の資産価値を高めることができるというメリットがあります。

事業用定期借地の契約に際しては公正証書を作成する必要がありますので、事前に公証役場もしくは専門家にご相談ください。

事例その3・自動販売機の設置

空き地の場所によっては、自動販売機の設置で収益を見込むことができます。

自動販売機の設置に関しては、ほとんどの場合、メーカーサイドが初期費用を負担する事が多いので土地所有者のリスクはかなり低くなります。

販売機の設置による周辺のゴミ対策や空き缶の回収等の運営管理についても、すべてメーカー側に任せることも可能なため、所有者の負担はほとんどないと言ってもいいでしょう。

土地所有者が負担するのは自動販売機の電気代のみですが、どの程度のコストが掛かるのかについては事前に調べておく必要があります。

毎月の売上から電気代を差し引いた金額が月々の収入になるので、一定期間行ったうえで継続を検討するのも一つの方法です。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?