menu

実家が空き家になった時の対策方法

実家の空き家を売りたい人の為の簡単な3ステップ

空き家を売りたい人の知ってお得な情報

住む人がいなくなってしまった空き家を適正に管理し、長期にわたって維持をするのは簡単な事ではありません。

空き家の管理には時間や管理費用がかかるだけでなく、固定資産税や都市計画税などの税金を支払う必要も生じてきます。

収入にゆとりがあれば別ですが、空き家をそのままの状態で持ち続けるのは経済的にも厳しい面があるといえるでしょう。

そうした点から、空き家を売却して現金にしたいと考えている所有者もいます。

ところが空き家であっても不動産を売るというのは非日常的な事ですし、どのように売却すればいいのか方法が全く分からない人もいるようです。

以下に空き家を売るまでの簡単な流れを3ステップで紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ステップ1・資産価値を知ろう

実家がどのくらいの価格で売却できるかは、あなたにとって最も気になるところではないでしょうか。

家を売るための第一歩として重要な事は、家の価値を所有者自らが把握する事にあります。

まずは、今お持ちの空き家がどれくらいの価値のあるものなのかを調べましょう。

家の価格の目安となるのが、毎年送られる固定資産税の請求書です。

この請求書には土地と家屋の評価額が記載されていますので、おおよその目安として確認してみてください。

さらに詳しい資産価値が知りたい場合は、最寄りの不動産業者に相談する事をオススメします。

ステップ2・複数の不動産業者にアプローチする

住宅や土地の査定額の算出方法や評価は不動産業者によって異なるため、できれば複数の業者に査定を依頼する事をオススメします。

A社では将来的に価値のある物件だと評価されたのに、B社では今後全くの使い道がない物件と判断される場合もあります。

当然の事ながら査定額にも違いが出て来るわけで、より高額で売却するためには所有する空き家を高く評価してくれる業者に任せるという方法がベターです。

さらに高額売却を目指すだけでなく、良心的で信頼できる業者かどうかといった点や積極的に営業努力をしてくれるかといった点もチェックするようにしてください。

大切な不動産を売ってしまってから後悔しないためにも、1社だけでなく複数の不動産業者に相談するようにしましょう。

ステップ3・売却価格を決める

空き家の査定額が分かったら、それを元に売却価格を決定して売却の準備を進めましょう。

売却時に慌てないよう、どのような書類が必要なのか事前に把握しておいてください。

一般的に不動産の売却に必要な書類となるのが、身分証明書・印鑑証明書(プラス実印)・住民票などです。

これは売り主本人(空き家の所有者)を確認するための書類で、空き家が共有名義である場合は名義人全員の書類が必要になります。

すべての共有名義者が近隣に住んでいる場合は書類を整えるのに差ほど時間はかからないでしょうが、遠方に住んでいたり疎遠になってしまっているという場合には早めの準備が必要です。

ケースによっては書類を全部そろえて印鑑をもらうまでに1年以上かかる事もありますので、計画的な売却を行うためにも下準備は万全にしておいてください。

住民票や印鑑証明書といった書類には有効期限があるため、事前にしっかり計画を立てておくと失敗しなくて済みます。

以上、空き家の売却の流れをざっくりと説明してきました。

不動産の売買には専門的な知識が不可欠ですので、スムーズに売却を進めるには専門家に相談する事をオススメします。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?