menu

実家が空き家になった時の対策方法

家の売却で失敗しないためには「大手」「中小」どっちの業者を選ぶべき?

大手・中小どっちの業者を選ぶべきか

失敗しないで家を売るには、全国的に有名な「大手会社」を選ぶべきでしょうか?

昔から地域で実績があって親しみやすい「中小会社」を選ぶべきなのでしょうか?

このような質問は多くの不動産オーナーさんが口にするものです。

今回は家の売却で失敗しないためにも、「大手」と「中小」のどちらの会社を選ぶべきなのかをまとめてみました。

売却を依頼するならどっち?

家の売却を依頼するなら露出度が高くイメージの良い大手や有名な不動産会社を選ぶという方が一般的でしょう。

大手や有名な不動産会社は資金力やネットワーク、販売のやり方、サポート面にいたるまで充実しているといわれています。

そうした条件を考えて大手や有名な業者を選ぶというのは、決して間違った方法ではありません。

しかし、大手や有名な不動産会社だけが良いのかというと、必ずしもそうとは言い切れない部分も。あるのです。

現在の不動産会社をとりまく環境は著しく変化しています。

特にインターネットというツールが誕生して以来、大手・中小の区別なく不動産業を全国展開できる環境が整ってきたためです。

昨今では比較的資金力の弱い中小会社であっても、インターネットを上手に活用すれば全国規模で積極的な販売活動ができるようになっています。

不動産会社は土地や建物のオーナーと媒介契約を結ぶと、不動産情報をリアルタイムで共有できるレインズへの登録も義務づけられるようになったため、大手でなくとも簡単にたくさんの情報を入手できるようになりました。

その結果、失敗しないために「大手」「有名」「中小」のどちらを選ぶかという問題は、あまり意味がなくなっているといえるでしょう。

家を売る時にもっとも重要なのは、不動産会社ではなく担当者です。

担当者はオーナーと共に大切な家を売るパートナーになるのですから、その人が信頼できるかどうかを見極めることが重要になっています。

大手中小に限らず共有できるレインズって?

インターネットの普及が今のように十分でなかった時代には、資金力のある大手のほうが「損をせずに家を売る能力」に長けていると考えられてきました。

大手には全国展開できる幅広いネットワークがあるため、確実かつスピーディーな家の売却が実現可能だったのです。

現在の不動産仲介会社は「レインズ」という流通機構に加盟しているので、全国の不動産売買情報をリアルタイムで利用できます。

レインズに登録された物件は、不動産のポータルサイトの情報として検索できるので、全国の買い手が売りに出されている物件を居ながらにして知ることができます。

このような事情から、契約した業者が大手でなくても幅広い販売活動が期待できるようになりました。

不動産業者によっては自社の利益を優先して、意図的にレインズ登録を行わないところもあります。

そのような業者と媒介契約を結ぶと、売れる可能性のある物件であっても損を被る危険性が高いため、早急に契約の解消を要求するなど対応を心がけてください。

以上のような点から、インターネットが流通している現在、大手・中小という区別で不動産業者を選ぶのはナンセンスだといえるでしょう。

失敗しない家の売却の秘訣は不動産会社選びではなく、あなたの物件を販売する担当者の人柄や実績、接客態度であり、誠実で信頼できる方なのかを見極めることであると考えてください。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?