menu

実家が空き家になった時の対策方法

一戸建ての売却を有利に進めるために複数業者の見積り比較が不可欠な理由

一戸建て売却に有利な複数業者の見積り比較

一戸建て住宅の売却を有利に進めるには、複数の業者に見積り依頼を行う必要があります。

複数の業者といっても、あまりにも多すぎてはいけません。

少なくとも3社から5社ほどの不動産業者に絞り、見積りを請求して比較検討するのがおススメの方法です。

なぜ、複数業者からの見積りが必要なのか?

その理由は、一戸建て住宅の売却価格の相場を知るためです

ある程度の価格予想はできていても、単一の業者からしか見積りを取っていない場合、判断材料が少ないために提示された金額に納得するほか仕方ないという結果になりがちです。

「あなたの家の現在の価値は1000万円です」

と告げられたら、不動産売買のプロがそう言っているのだからと納得せざるを得ないでしょう。

ところが別の業者から見積りを取ってみると「1500万円」や「1800万円」という結果が届いたらどうでしょうか。

このように同じ物件でも、不動産業者が違えば価格に差が生じます。

売主としては、少しでも高く売りたいのが本音です。

それにも関わらず1つの業者だけの見積りで判断すると、1800万円で売れるところを1000万円で売ってしまって800万円も損をする可能性もあるのです。

なぜ、見積り額に違いが出るのか?

見積り額に差が出るのは、判断する基準が各業者によって違うからです。

例えばマンションや賃貸物件を専門としている業者は、一戸建ての物件の販売は不得意だったり、それほど重要視していないというケースもあります。

そのため、あまり販売に積極的ではなく、手間をかけてまで売る価値がないと判断されることもあります。

一戸建て物件を専門としている不動産業者なら、高く売る技術や販路を持っているため見積り額も高くなります。

ここで注目したいのは、見積り額が高いからといって高く売れる(損をしない)ということではないという点です。

見積りを比較する意味とは

売主側からすれば、高い見積り額を出した不動産業者を選びたくなるのは当然です。

大切な物件を売るわけですから、1円でも高いほうがいいというのが正直な気持ちでしょう。

そうであったとしても、他の業者と比較してあまりにも高い額をつけている業者は要注意です。

相場よりもはるかに高い価格は、売れ残りのリスクがあります。

他の業者よりも高い額をつけている業者と契約すると、結局のところ値下げをすることになって売主が損をするケースが多いのです。

見積書を比較する際に重要なのは、価格の相場が分かるということです。

比較することによって、おのずと優良な業者とそうでない業者、得意分野・不得意分野なども見えてくるので、見積書の比較検討は必ず行うようにしましょう。

手軽に複数の見積りを入手する方法

損をしないで家を売るには見積りの比較検討が必要だと分かっても、どの不動産に依頼したらいいのか分からない場合は一括見積りサイトがおススメです。

一括見積りサイトなら簡単な入力を行うだけで、面倒な手間や無駄な費用等も一切必要なく、複数の見積りを入手できます。

WEBサイトから利用できるため、都合に合わせて気軽に活用できるのも便利です。

大切な家を売る時に失敗も損も絶対にしたくない方は、見積書の比較検討を忘れないようにしましょう。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?