menu

実家が空き家になった時の対策方法

わずかな損もせず家を高く売るための3つの秘訣はこれ!

家を高く売るための3つの秘訣

家を手離すと決めたら、できるだけ希望価格に近い金額で売りたいものです。

最低価格を下回るような売値では、大きな決断をして家を売却しても後悔しか残らないでしょう。

少しでも高く家を売るためには、売主としてある程度の努力が必要です

ここでは、ちょっとした工夫で高く買い取ってもらえる3つのコツを紹介します。

査定は複数業者に依頼する

家の売却額を決めるときの基準となるのが不動産会社による査定価格です。

査定価格は公的なデータや相場データ、物件の状況、売主の希望価格などを考慮したうえで算出します。

不動産の査定基準は業者によって異なるため、複数業者に依頼を行うといいでしょう。

複数の業者が算出した査定額を比較検討し、より条件の良い業者の査定額を選ぶようにしてください

時間にゆとりを持って売却を進める

家の売却にかかる時間は、3ヶ月程度が一般的な目安とされています。

それ以上に時間的なゆとりを持って行動を起こせば、より高く売れる可能性が出てきます。

なぜなら時間のゆとりがあれば、希望売却価格で買い取ってくれる買主が現れるのを気長に待つことができるからです。

時間的にゆとりを持たせていると、売却に必要な準備や手続き等に漏れやミスがなく、スムーズな売却を実現することもできます。

家を売りたい気持ちばかりが募って焦りが生じると、希望価格よりも値下げする必要が生じて損をしたり、手続き関係にミスが生じるなどの失敗をする危険性があります。

これらの損やミスを避けるためにも、できるだけ時間に余裕をもって、早めに不動産会社に相談することをおススメします。

メンテナンスをしっかりと行う

家を希望の売却価格で買い取ってもらうには、買主への印象を良くする必要があります。

第一印象で「この家はすごくいい!」「ぜひとも、買いたい!」と思わせるためには、物件の内外を清潔で美しく良い雰囲気に保つことが重要です。

買主にとって、家はとても高価な買い物になります。

この後の人生を過ごす大切なマイホームですから、印象の悪い家を購入するわけがありません。

「もしも、私がこの家を買ったら・・・?」

「どんな生活になるのだろうか・・・?」

このように買主はイメージをふくらませながら物件を眺めるでしょう。

買主に良いイメージを持たれることはとても重要で、それを可能にするためにも徹底した整頓と清掃を実行する必要があります。

室内外の不要なものを処分し、破損している部分はできる限り修理を行うほか、基本的な掃除で明るく清潔な家にしましょう。

掃除が苦手という方は、ハウスクリーニングを利用するといいでしょう。

大幅なリフォーム等の必要はありませんが、値切り交渉による損を少しでも避けるためにも、できる限りメンテナンスをしておくことをオススメします。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?