menu

実家が空き家になった時の対策方法

家を上手に売却するための適正相場が分かる3つのポイントとは?

適正相場が分かる3つのポイント

家がいくらで売れるのかを知ることは、家の売却にとって非常に重要な要素です。

そのためにも、事前にある程度の相場を知る必要があるのは言うまでもないでしょう。

家の相場は不動産会社による査定で分かりますが、市場の動向次第で変動していくため常に同じであるというわけではありません。

総合的に相場を判断するためにも、1つの情報だけでなく複数の情報を収集するようにしましょう。

ここでは家の売却で損をせず、適正な相場を知るための3つのポイントを紹介します。

ポイント1「情報誌やネットを活用する」

不動産売買について詳しくは知らない一般人でもできる簡単な情報収集で、最も有効なのが住宅情報誌やインターネットを調べるという方法です。

住宅情報誌や不動産会社のWEBサイトでは、豊富な情報をリアルタイムで掲載しています。

物件の詳しい情報が価格とともに掲載されているので、自分の家の状態と似たような条件の物件と照らし合わせて相場を把握できるはずです。

インターネットの情報は無料で利用できるので、複数の物件を自由に比較できる点からも相場を事前に確認するための方法としておススメします。

ポイント2「不動産会社による査定依頼」

売りたい建物の相場を調べたら、次は複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。

査定の方法は、大きくわけて3種類あります。

一つは「原価法」です。

これは土地や一戸建ての価格によく用いられ、不動産の建設費用に要する費用から原価修正を差し引くことで対象となる不動産の価格を求める方法です。

二つめが「収益還元法」で、収益用のアパートなどの投資物件に用いられる方法です。

三つめのポピュラーな方法が「取引事例比較法」で、中古マンションや一戸建てに用いられます。

査定のプロが取引事例や成約事例などを調査し、査定依頼のあった物件と似ている事例をピックアップし、現状と照らし合わせて比較検討した上で査定価格を算出するというものです。

その後に訪問査定を実施することで正確な査定価格が分かるというわけですが、この方法による査定では不動産会社の基準により価格が異なります。

より理想的な査定額に近づけるためにも、複数の不動産会社の査定を受けるようにしましょう。

ポイント3「無料の一括査定を利用する」

取引事例比較法による査定は、ほとんどの不動産会社が無料で実施しています。

無料で査定できるとはいえ「複数の不動産会社にいちいち査定を依頼する暇がない」という方が多いのも事実でしょう。

その場合に活用して頂きたいのが不動産の一括査定です。

不動産の一括査定は、簡単な項目を入力するだけで複数の不動産会社の査定を受けることができるというものです。

一つ一つの査定の度に建物の情報を説明したり、面倒な手続きをするなどの手間も発生しません。

インターネットを利用すれば、わざわざ不動産会社に足を運ぶ必要もなくなります。

何より無料で最大3社以上の査定依頼を一括で利用できるという点が魅力的です。

一括査定で得た相場をもとにすると、信頼できる不動産会社のピックアップもしやすく、損をせずに家を売りたい方にとっては活用したいサービスの一つでしょう。

WEBサイトによる無料の一括査定は、大手中小に限らず幅広い不動産会社が登録しています

そのため、総合的な観点から適正な相場を知ることができるわけです。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?