menu

実家が空き家になった時の対策方法

時間をかけず急いで家を売っても損をしないための3つの方法

急いで家を売っても損をしないための3つの方法

「一刻も早く家を売却したい・・・」

「でも時間をかけている余裕がない!」

急にまとまった現金が必要になったり、住み替えなどの事情で売却に時間をかけている余裕がない場合は、1日でも早く家を売りたいと思うのは当然の事でしょう。

一般的な例でいえば、家を売って現金を手にするまでは、最低でも3ヶ月から半年はかかるといわれています

慌てて家を売ってしまうと様々なトラブルが発生し、結果として大きな損をするケースも少なくありません。

次に、1日でも早く家を売りたいが絶対に損は避けたいという方におススメの方法を紹介しましょう。

以下の3つのポイントに十分注意しながら売却を進めると、大きな損を回避できるでしょう。

方法1「複数の不動産業者に依頼する」

家の売却は専門的な知識や諸手続きが必要なため、慣れない一般人が行うのは簡単ではありません。

そこで、多くの方が利用するのが不動産業者に売却を依頼する方法です

1日でも早く売却を行うには、単に不動産業者に売却を依頼するのではなく、複数の業者に売却の依頼を行うことをオススメします。

一般媒介契約なら、複数の業者に販売を同時に依頼することが可能です。

複数の業者の販売方法を上手に活用することで、一箇所の業者に依頼するよりも広範囲にわたる物件情報の配信ができます。

色々な販売活動を駆使することにより買い手が見つかりやすく、スピーディーに、かつ損をせずに家を売ることができるのです。

方法2「相場よりも売却額を下げる」

家を希望の売却価格で売りたいなら、それなりに時間がかかることを覚悟しなければなりません。

それでも一刻も早く家を売りたい場合は、相場よりも安い価格を設定することをおススメします。

売却価格を下げたからといって、必ずしもスピーディーに家が売れるとは限りません。

焦って次々に値下げを実施すると、売却後に大幅な損をこうむることになります。

それを避けるためには、下げ幅の限度を事前に決めておくようにしましょう。

方法3「買取システムを使う」

どうしても早く家を確実に売りたいなら、不動産の買取システムを使うのが賢明です。

この方法を取ると、相場よりもかなり安価での取引となるため、予定通りの価格で売却できるとは限りません。

買取という方法を選択した場合、一般の買い手ではなく不動産業者との取引となるため、早ければ1ヶ月以内で売却が実現できるでしょう。

以上の3点が、急いで家を売る時に損をしないポイントです。

時間をかけずに家を売却するのは、じっくりと腰をすえて売却する場合と比べると、ある程度の「損」は覚悟しなければなりません。

損をこうむる程度を最小限で抑えられるよう、上記で紹介したポイントをしっかりと押さえておくようにしましょう。

実家や空き家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅が古いが大丈夫かな?
  • 田舎だから処分が大変そうだな・・・。
  • 家の処分方法が分からないけど大丈夫かな?
など、家の処遇で悩みがあるならこちらをチェック!
住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!

実家や土地をうまく活用できないか?でお悩みの方

  • 出来れば土地を売らないで、活用できないか?
  • せっかく土地があるから収入源にならないかな?
  • 両親の意思を尊重して馴染みがある土地は残したい!
など、家や土地を売らずに対処できないかと考えているならこちらを見てみましょう。
土地活用を考えているがどうしたら良いの?