menu

実家が空き家になった時の対策方法

マンションの売却で「高く・早く」を実現する3つの準備

売却で高く・早くを実現する3つの準備

マンション売却には色々な準備が必要ですが、その準備次第で売却価格もかなり違ってきます。

少しでも高く早く売りたいなら、ゆとりを持って売却の準備を行いましょう。

ポイント1:掃除は徹底的に!

中古のマンションを少しでも高く早く売るためには、購入した当時と同じ状態に戻すというくらいの気持ちで掃除を行うといいでしょう。

自分で掃除をすることができない場合は、多少の費用がかかっても専門業者にハウスクリーニングを依頼するという方法があります。

日ごろからこまめに掃除やメンテナンスを行っていた方は、わざわざ業者に依頼する必要はありません。

ある程度の掃除やメンテナンスができていれば、そのままでも売却は可能だからです。

単に売却するだけでなく、より高く早く売ろうとするなら、買い手の立場になったケアが必要になってきます。

購入を検討しているマンションが汚かったり不潔であった場合、わざわざ高い費用を出して買おうとは思わないのが現実でしょう。

こうした点を充分に考慮し、マンションの印象が少しでも良くなるよう、徹底的に掃除を行いましょう。

ポイント2:室内のイメージアップ!

マンションの室内のイメージをアップするために、わざわざ壁紙を張り替えたり、高級感のあるソファーやテーブルを置く必要はありません。

買い手と売り主の好みが同じとは限らないので、インテリアよりも室内の広さや明るさ、清潔感、設備の不具合を無くすこと等に注意を傾ける必要があります。

買い手側が部屋の大きさをすぐに判断できるように、不要な家具や家電なども見えない場所に片付けておくようにします。

ファブリックの色やデザインが統一されていないと、室内が狭く窮屈に感じられることがありますので、手持ちの物を工夫してできるだけシンプルに整えるようにしてください。

節約のために照明を落としている場合は、ごく一般的な明るさに戻しておきましょう。

日中は外からの光を取り込めるようカーテンやブラインドを開け、窓ガラスの曇りや汚れを取り除くようにします。

設置されている設備に不具合がある場合は、事前に管理会社に説明し、早めの点検や修理を行うようにしてください。

ポイント3:売買に必要な書類をそろえる!

マンション購入時の各種書類は手元にありますか?

契約書、パンフレット、税金の書類、権利書、図面、設備に関する書類、ローン関係の書類など、いつ請求されてもいいように少しずつ揃えておくようにしましょう。

関係書類をスムーズに準備するには、売買にはどのような書類が必要なのか調べた上でチェックリストを作っておくと便利です。

準備したものは赤いペンでしるしを入れ、一つのファイルにしっかりと保存しておくことをおススメします。

マンション売買に関する情報収集は万全?

マンションを売りたいと決めたら、あらゆる手段を使って情報収集を行いましょう。

インターネットによる情報収集、近隣不動産業者への相談、チラシや情報誌、広告など色々な方法で情報収集は可能です。

できる限りの準備を行ったら、信頼できる業者を見つけ相談するようにしてください。

実家や空き家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅が古いが大丈夫かな?
  • 田舎だから処分が大変そうだな・・・。
  • 家の処分方法が分からないけど大丈夫かな?
など、家の処遇で悩みがあるならこちらをチェック!
住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!

実家や土地をうまく活用できないか?でお悩みの方

  • 出来れば土地を売らないで、活用できないか?
  • せっかく土地があるから収入源にならないかな?
  • 両親の意思を尊重して馴染みがある土地は残したい!
など、家や土地を売らずに対処できないかと考えているならこちらを見てみましょう。
土地活用を考えているがどうしたら良いの?