menu

実家が空き家になった時の対策方法

中古のマンションを売る前にはどんな準備が必要になるの?

マンションを売る前にどんな準備が必要か

今住んでいるマンションが不要になったとき、売ったほうがいいのか、貸したほうがいいのかと迷っている方もいるでしょう。

中古マンションが売れないといわれている昨今、売りたい気持ちはあっても決断に迷っているなら、次に紹介する2つの問題を確認した上で売却に向けた準備を行うといいでしょう。

住宅ローンの残高を確認しよう

住宅ローンでマンションを購入した場合、ローン残債の金額の確認が重要になります。

ローンが残っているマンションは売れない可能性もあるからです。

例えばローン残債が手持ちの預金などで返済できるような場合は、売る前に繰り上げ返済を行えば問題なく売却できるでしょう。

マンション予想売却額がローン残債よりも高い場合は、マンションを売ったお金でローンの清算が可能となるので売却が可能となります。

マンションを売るためには仲介手数料などの経費が発生するため、予定売却の全額をローン返済にあてなければならない場合は、別に資金を準備する必要があります。

ローン残債額が大きすぎる場合、マンションの予定売却額ではローン返済が難しくなるため売却自体が難しくなる可能性もあるでしょう。

このような場合はマンションを売るよりも先に、ローン残債額を減らすことを優先してください。

残債を減らすのが難しいようならそのまま住み続けるか、預貯金を使ってローン残債額の一部繰越返済を行う必要が出てきます。

マンションが売れるか売れないか、今が売るタイミングなのかどうかを検討するためにも、まずはローン残高を確認してください。

ローン残債額が予定売却額よりも大きい

ローン残債額がマンション予定売却額よりも大きい場合は、ローン残債額減額を優先するのが賢明な方法です。

ここで注意したいのは、マンションは年々劣化して査定額も低くなっていくという点です。

ローン残債額を減らせたとしても、希望額でマンションが売れるとは限りません。

その他の手段としては、住み替えローンの活用という方法もあります

住み替えローンとは、これから購入する住宅と売る予定のマンションのローン残債の金額を借りることができるという方策です。

このようなローンを利用した場合、購入や売却にかかわる諸経費分も借り入れを行うことができるというメリットがあります。

ローンの申請から融資までには手続きや審査が多数ありますので、ゆとりを持って準備に取り掛かるようにしましょう。

住み替えローンの利用には、金融機関がその申請を受けてくれるか、審査に合格するかどうかという問題も出てきます。

ローン申請や審査が心配な場合は、一度専門家に相談する
ことをおススメします。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?