menu

実家が空き家になった時の対策方法

放置空き家は資産価値が下落して「負動産」となる可能性がある!

放置空き家は負動産なる前に適切な方法を考えましょう

放置中の空き家が「負動産」と呼ばれているという事をご存知でしょうか?

一戸建て住宅などの不動産は家族の大切な財産(資産)です。

その大切な財産・資産を放置する事によって、不動産から負動産(負の資産)になってしまうのが空き家というものの危険性を表わしています。

現在、日本国内には所有者も行政も、どうする事もできなくなった空き家が多数存在しています。

みなさんが所有している空き家を「負動産」にしないためにも、放置空き家の現状について詳しく知っておく必要があるでしょう。

放置された空き家は資産価値が落ちる

現在住んでいる場所から実家が遠いと、空き家になった住宅を放置する例が多いようです。

放置された空き家は1日1日と老朽化が進み、確実にその価値を落としてしまいます

人が住まなくなると適正な管理ができず、家屋は急激に傷みます。

家を支えている柱が腐った場合、家屋が倒壊する危険性が高まり、近所の方に迷惑を与えるだけの物体に化してしまうでしょう。

誰も住んでいない空き家は、犯罪者の好む環境であるともいわれています。

一歩間違えば、空き家そのものが犯罪を作ってしまう事にもなりかねません。

このように老朽化が進んだり、犯罪に関わる可能性を持つ空き家を好き好んで購入する人は少ないでしょう。

建物が立地条件の悪い場所にある場合、売却価格が激減するリスクもあるのです。

立地条件の悪さにプラスして放置したままの空き家では、「負動産」と呼ばれるのも無理はないという事になってしまうのです。

地方にある空き家を維持するには?

空き家を放置するとリスクがあるといっても、空き家を維持するにもかなりのコストが必要なのも事実です。

自宅から歩いて行ける距離に空き家を持っているなら話は別ですが、空き家所有者のほとんどが遠方に住んでいるケースが多いようです。

そのため、空き家の換気や掃除をするためにだけ帰省する事になり、その交通費が意外な負担となってしまうという問題があります。

お仕事がお休みの日を利用して換気や掃除に行くというのも簡単ではありません。

降雪の多い地域では雪下ろしのシーズンになると業者を依頼する必要もあるため、数万円程度の費用がかかるでしょう。

空き家を維持するためには、固定資産税の支払いも必要不可欠です。

先の空き家対策特別法の設立により、固定資産税の優遇措置もこの先どうなるか分からない状況ですので、空き家を所有している方の負担はさらに大きくなると考えられます。

早急な決断と対処が必要な空き家

放置時間が長くなるほど「負動産」になるのが空き家です。

かといって、維持にかかる費用も労力もばかになりません。

空き家の価値を落とさず有効に活用するためには、早急な決断と退所が必要不可欠です。

住宅が空き家になってからでは、時遅しというケースも少なくありません。

空き家の所有者であるご両親が健在のうちに、ご家族や親族で今後の空き家の処遇について検討しておく事をオススメします。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?