menu

実家が空き家になった時の対策方法

家を効率的に売却する3つの事前準備

家を効率的に売却する3つの事前準備

家をスムーズに売るためには、事前の準備が非常に重要になります。

事前の準備を怠ると家を効率的に売ることができないだけでなく、さまざまな面で後悔する結果にもなりかねません。

自分が思い描くような売却結果を導き出すには、それ相応の準備が必要になるのです。

例えば、なぜ家を売りたいのか、売ったお金でどうしたいのか、売却後はどこに住むのか等々の点は事前に明確にしておく必要がありま。

不動産会社を仲介にして家を売るとしても、即時に売却できるとは限りません。

仲介契約の仕方や業者の対応次第では、いつまで待っても売却が成立しないというケースも少なくないのです。

その他にも、不動産会社に販売を依頼したのに、自分の希望どおりの価格で販売できないというケースもあります。

以上のように事前の準備を怠ったまま家を売りに出しても、買い手を見つけることはできないでしょう。

賢く確実に家を売るためにも、次の3つの準備をしておいてください。

その一・「目的」を明確にする

家を売るといっても、人によってさまざまな理由があるはずです。

  • 同居する家族が増えた(減った)
  • 金銭的な問題が発生した
  • 仕事の都合などで引越しが必要だ
  • そろそろ新しい家が欲しい
  • 戸建てからマンションに移りたい

等々

家を売りたいと考える理由を明確にし、売ったほうがいいのか、売った後に何をしたいのか等、売却の目的を明確にしておきましょう。

目的が明確になったら、それを実現するにはどのような準備や計画が必要なのか、やるべきことがハッキリしてくるはずです。

その二・家の「価値」を知る

家を売るには価格設定が必要です。

売却価格を設定するには、建物や土地が現状でどのくらいの価値のあるものなのか知る必要があります。

不動産会社に依頼して価格査定を受けるという方法もありますが、その前にある程度の価格相場を知っておくといいでしょう。

無料の一括査定サイトや国土交通省のサイトを利用すると、建物・土地・マンションのある地域や広さ、築年数、その他の条件を入力するだけで、おおよその価格を知ることができます。

この「ある程度の相場を知っておく」ということはとても重要です。

不動産の査定は調査する不動産会社によって、基準が全く異なることが多いからです。

事前に調べた相場よりもかなり安い評価額をつけてくる業者もいれば、予想以上の高値をつけてくる業者もいるでしょう。

不動産会社が出した評価額を「高い」、「安い」と判断するためにも、事前に価格相場を調べておく必要があります。

その三・「不動産会社」を選ぶ

不動産会社を仲介にして家を売る場合、依頼する業者選びが重要になります。

依頼した不動産会社の販売方法によっては、何年経っても買い手が見つからないというケースも少なくないからです。

よく「不動産は生もの」といわれているように、必要以上に売却に時間がかかるのは問題があります。

不動産広告に長く出されている物件があると、「なかなか売れないようだが欠陥があるのかな?」「いわくつきの物件なのかもしれない」などと考える人もいるからです。

売却が成立するまでの間に家のメンテナンスを行う必要もあり、時間、手間、費用面で大きな問題を抱える可能性もあります。

それだけでなく「家が売れないから価格を下げる」という事態に陥ることもあるでしょう。

仲介を不動産会社に依頼する場合は、過去の実績や経験、販売活動の方法などをしっかりと見極めて上で判断するようにしましょう。

家をスムーズに売るには、以上の3つの準備は必要不可欠です。

ゆとりを持って準備に取り掛かれるようにしてください。

実家や空き家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅が古いが大丈夫かな?
  • 田舎だから処分が大変そうだな・・・。
  • 家の処分方法が分からないけど大丈夫かな?
など、家の処遇で悩みがあるならこちらをチェック!
住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!

実家や土地をうまく活用できないか?でお悩みの方

  • 出来れば土地を売らないで、活用できないか?
  • せっかく土地があるから収入源にならないかな?
  • 両親の意思を尊重して馴染みがある土地は残したい!
など、家や土地を売らずに対処できないかと考えているならこちらを見てみましょう。
土地活用を考えているがどうしたら良いの?