menu

実家が空き家になった時の対策方法

住宅(家)を売却する前にリフォームをする必要はある?

売却前にリフォームをする必要性

住宅(家)を売る前の準備として、よく耳にするのが「リフォームの必要性」です。

リフォームをしたほうが高く売れる、リフォームをしなければ売れないなど、さまざまな意見が聞かれますが実際にはどうなのでしょうか?

ここでは、住宅(家)を売る前の準備としてリフォームが必要なのかを調べてみました。

売り出し前にリフォームをするメリット

あまりにも古い物件を販売する場合は、リフォームを行ったほうが良いといえるでしょう。

その理由は、リフォームを行うことにより物件の印象が良くなるからです。

例えば外壁がボロボロであったり、内装がかなり古びている状態よりも、リフォームできれいに補修された状態になっているほうが第一印象を良くすることができます。

ただし、印象を良くするために費用をかけすぎるのは禁物です。

売り出し前にリフォームを行うデメリット

家を売る前にリフォームをしたからといって、必ずしも高く売れるとは限りません。

リフォームに高い費用をかけても、買い手の好みに合わなければ意味がありません。

なかには、リフォームをしすぎると買い手が付きにくいというケースもあるのです。

プロおススメのリフォーム!

あまりにも古い物件を売りに出す場合は、家の印象を明るく清潔に保つのを目的としたリフォームがオススメです。

壁紙やクロス、畳の張り替え、床のワックス掛けといったリフォームなら、内装を明るくして清潔な印象に変えることができます。

水周りの修繕などのリフォームも効果があります。

大幅なリフォームを実施するのではなく、ハウスクリーニング程度でとどめておくのも無難な方法です。

家を売る前のリフォームを検討されている方は、一度専門業者や仲介業者に相談するといいでしょう。

売却前のリフォームにかかる費用について

家のリフォーム費用は、広さや作業内容、工事会社の選び方などによっても異なります。

3LDK程度のマンション一室のクロス交換をした場合は10万円から15万円前後、全室のクロス交換を希望すると70万円から90万円程度の準備が必要です。

畳の張り替えは6畳の部屋で6万円前後、上質な畳になるとさらに費用は高くなります。

フローリングの修繕は1平方メートル当たり5000円から1万円前後が相場ですが、フローリングの材質により価格は大幅に異なります。

そこに職人さんの手間賃等も加算されますので、さらに価格は高くなっていきます。

原状回復を目的に自分で補修作業を行う方もいますが、仕上がりに大きな差が生じるのは仕方のないことでしょう。

以上のように、家を売る前のリフォームにはメリットとデメリットがあります。

リフォームをして売却の準備をしたからといって、必ずしも高く売れる・早く売れるというわけではありません。

その点を良く理解した上で、家を売る前のリフォームを計画してください。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?