menu

実家が空き家になった時の対策方法

「住宅履歴書」を作成すると家の売却に有利に働く?!

住宅履歴書の作成で家の売却を有利にする

家を売る前の準備として欠かせないのが『住宅履歴書』の作成です。

住宅の履歴書と聞くと、「家に履歴書が必要なの?」と思う方もいるかもしれません。

私たちの生活に、就活に用いる「履歴書」や健康管理のための「健康診断書」、自家用車や社用車の「車検証」などが存在するように、家にも「住宅履歴書」というものが存在しているのです。

住まいの「履歴書」の必要性とは?

家を売りに出すと、購入を希望する買い手が現れます。

買い手は売りに出されている家のことを、さまざまな角度から事細かく確認しようとするのが一般的です。

高いお金を出して不動産を購入するわけですから、細部にいたるまで「知りたい」と思うのは当然のことでしょう。

昨今では住宅履歴書の作成と保存が義務付けられている「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の施行もあり、「家の履歴書を見せてほしい」という方が増えています。

家の履歴に関して口頭で答えるだけでも問題ありませんが、書面や写真、図、イラストなどで綺麗にまとめられている履歴書が準備されていると、それだけでも買い手に安心感や信頼感を与えることができるのです。

住まいの「履歴書」に必要な項目

住まいの履歴書に必要な項目は、施工写真や図面、関係各種申請などの設計施工に関する情報、リフォーム・増改築・定期点検の記録、災害時の記録等の維持管理に関する情報です。

上記以外にも、買い手側の立場になって「お得」で「安心」できると感じてもらえる情報を記載するのもおススメです。

例えば近隣にある小中学校や施設、国道などの情報、主婦層が気になるスーパーやデパート、ホームセンターなどの情報、交通網、病院、役所など公共の施設の記載もあるといいでしょう。

住まいの「履歴書」のメリット

住まいの「履歴書」の作成は、今すぐ家を売りたいと考えている方だけでなく、将来的に家を売るかもしれないという方にも大変おススメです。
日本の家屋は、欧米に比べると新築から解体までの期間が短いといわれています。

それは維持管理がおろそかになりやすいという点が一因である事が指摘されています。

こうした問題もあって注目されているのが、住まいの「履歴書」の存在なのです。

住まいの「履歴書」には、必ずこうしなければならないという決まりはありません。

家の事が詳しく分かり、効率良く管理できるような項目をいくつか設けて、定期的に履歴書の見直しを行いましょう。

そうすることで、修繕の必要がある箇所などをいち早く見つけることが可能で、長く大切に使い続ける事ができる秘訣に繋がります。

家を売りたいと考えているが、実は我が家の事を良く知らないという方は、売却の前にぜひ住まいの「履歴書」の作成を行ってください。

口頭で説明するよりも、図面、写真、設計書、イラスト、グラフなどを用いた履歴書のほうが、相手に家のことを理解してもらうのには最適です。

何十年も前に建築した家や購入したマンションの場合、必要書類の紛失などで全てをそろえるのに時間がかかる場合があります。

そのためにも、家の売却を決めたら早急に住まいの「履歴書」作成の準備を行うようにしましょう。

実家や空き家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅が古いが大丈夫かな?
  • 田舎だから処分が大変そうだな・・・。
  • 家の処分方法が分からないけど大丈夫かな?
など、家の処遇で悩みがあるならこちらをチェック!
住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!

実家や土地をうまく活用できないか?でお悩みの方

  • 出来れば土地を売らないで、活用できないか?
  • せっかく土地があるから収入源にならないかな?
  • 両親の意思を尊重して馴染みがある土地は残したい!
など、家や土地を売らずに対処できないかと考えているならこちらを見てみましょう。
土地活用を考えているがどうしたら良いの?