menu

実家が空き家になった時の対策方法

家を売る前に必要になる準備「理由」「経済状況」「諸経費」

売る前に必要になる準備

本格的に家を売る前に、次の3つの準備を知っておきましょう。

準備1・家を売りたい理由を整理しよう

「家を売りたい」と考えたとしても、ただ漠然とした気持ちで家や土地、マンションを手放す人はいないはずです。

そこには、必ず何らかの理由があるはずです。

仕事の都合で引越しをしなければならなくなった、子供の成長と共に家が狭く不便になった、子供の結婚を機に夫婦二人になったので、一戸建てから便利なマンション生活にシフトしたい・・・等の理由です。

なぜ家を売る必要があるのか、売った後はどんな住まいを必要としているのかを、今一度整理しましょう。

具体的に目的を整理して明確なイメージや条件が定まれば、家を売ってから次の家に移るまでの計画が立てやすくなります。

準備2・経済状況の整理をしよう

家を売りたい理由や目的がはっきりとしたら、今度は家や土地、マンションその他の現在の経済的な状況を詳しく把握することが必要です。

住宅ローンなどが残っていても不動産売却は可能ですが、ローンを全額一括返済するのが条件となります。

ローンの一括返済を可能にするには、次のような方法があります

  • 手持ちの現金(預金)で一括返済する
  • 売却代金を一括返済にあてる
  • 売却代金と手持ちのお金で一括返済をする

売却代金をローンの一括返済にまわしてしまうと、次の新しい土地やマンション購入費用がなくなるなどの問題も浮上します。

現状では売却代金がローン残債よりも価格が下がる傾向にあるため、足りない分は貯金や定期預金、生命保険等を切り崩したり、銀行から新たに借金をするなどの選択をしなければならないことが多いのです。

せっかく家を売ったのに、その後の生活が苦しくなってしまっては本末転倒です。

家を売る前には必ず、今どのような状況に置かれているのかを把握することをおススメします。

準備3・売却にかかる諸経費や税金を計算しよう

家を売るには諸経費や税金等が必要になります。

住宅ローンの一括返済や新居への引越し、仮住まい費用など以外に、余裕をもって現金を準備する必要があります。

以下は、家を売るときに発生する諸経費と税金の目安です。

仲介手数料

不動産会社を通して家を売った場合に発生する手数料です。

家の売却額の3%から10%を手数料として不動産会社に支払う必要があります。

抵当権抹消費用

ローン残債がある場合には、抵当権抹消手続きが必要となります。

手続きを自分で行う場合は数千円程度の費用で済みますが、専門的な知識が必要となるため司法書士に依頼する方が多いようです。

その場合は1件につき1万円前後の費用が発生します。

税金等

売買契約書の印紙、所得税や住民税、その他さまざまな税金も発生します。

一つ一つの金額はさほど高額ではないものの、合計すると意外にまとまった費用が必要となりますので、事前に準備しておくようにしましょう。

実家や空き家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅が古いが大丈夫かな?
  • 田舎だから処分が大変そうだな・・・。
  • 家の処分方法が分からないけど大丈夫かな?
など、家の処遇で悩みがあるならこちらをチェック!
住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!

実家や土地をうまく活用できないか?でお悩みの方

  • 出来れば土地を売らないで、活用できないか?
  • せっかく土地があるから収入源にならないかな?
  • 両親の意思を尊重して馴染みがある土地は残したい!
など、家や土地を売らずに対処できないかと考えているならこちらを見てみましょう。
土地活用を考えているがどうしたら良いの?