menu

実家が空き家になった時の対策方法

家の売買を不動産会社に依頼する前に知っておきたい3つの「媒介契約」

知っておきたい3つの媒介契約

不動産会社に家の売却を依頼する場合、「媒介契約」というものを結ぶ必要があります。

この契約の意味を知らないまま家を売ってしまうと、後にトラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。

安全かつ確実に大切な家を売るためには、事前に「媒介契約」とはどのようなものなのかを知っておくことが重要なのです。

家を売る準備として、「媒介契約」の意味を理解しておくようにしましょう。

「媒介契約」とは?

媒介契約とは、家やマンション、土地などの不動産の売買において、不動産会社と売り主の間で結ぶ契約のことです。

契約の有効期間、販売価格や売却の希望条件、仲介手数料など、不動産会社と売り主があらかじめ取り決めた内容が媒介契約書に記載されています。

「家を売ってください」と依頼を受けた不動産会社は、売り主との「媒介契約」を結んで、はじめて家の販売活動を開始します。

「媒介契約」は3つの種類がある

媒介契約には3つの種類があります。

次にその特徴とメリット、デメリットについて説明します。

1.一般媒介契約

一つ目は「一般媒介契約」で、売り主が複数の不動産会社と契約する方法です。

単一の不動産会社のみと契約するのではなく、複数の不動産会社と契約を行うことで販売の窓口が広がり、売り主側でも買い主を探すことができるのがメリットです。

複数の不動産会社と契約を結ぶと、各社がどのような販売活動を行っているのか把握できにくいというデメリットがあります。

せっかく契約を結んでも、不動産会社の販売方法によっては、なかなか売れないという状況に陥ることもあるので慎重に決断してください。

2.専任媒介契約

二つ目は「専任媒介契約」です。

この方法は一般媒介契約とは違い、売り主は自分でも買い主を見つけることはできますが、複数の不動産会社と契約することはできません。

依頼を受けた不動産会社は、売り主に対して販売活動をどのように行っているのかという進捗状況を随時報告する義務が生じます。

そのため窓口は狭くなるものの、一般媒介に比べて不動産会社が積極的に販売活動を行ってもらえるというメリットがあるのです。

専任媒介契約は不動産会社に専任してもらうわけですが、その分の費用が必要となるかどうかという点をあらかじめ確認しておくようにしましょう。

3.専属専任媒介契約

最後は特定の不動産会社のみに媒介を依頼する「専属専任媒介契約」です。

この方法では、不動産会社は契約後5日以内に「不動産指定流通機構」へ登録を行う、依頼者へ週1回の販売活動報告を行うなどが条件となっており、より積極的な販売活動が期待できます。

専属媒介との違いは、売り主が自分で買い主を探すことができないという点です。

売却に関することはすべて不動産会社に任せるのが原則で、万が一契約に違反したら違約金の支払いが発生しますので注意をしましょう。

以上からお分かりのように、不動産会社に家の売却を依頼したから「もう大丈夫」というわけではありません。

契約の仕方によっては家が売れるまでに時間がかかったり、何年経っても売れない、一生懸命売ってくれない等のトラブルが生じる場合もあります。

このような事態に陥らないためにも、家を売る前準備として媒介契約の条件や内容等を理解しておくようにしましょう。

実家や空き家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅が古いが大丈夫かな?
  • 田舎だから処分が大変そうだな・・・。
  • 家の処分方法が分からないけど大丈夫かな?
など、家の処遇で悩みがあるならこちらをチェック!
住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!

実家や土地をうまく活用できないか?でお悩みの方

  • 出来れば土地を売らないで、活用できないか?
  • せっかく土地があるから収入源にならないかな?
  • 両親の意思を尊重して馴染みがある土地は残したい!
など、家や土地を売らずに対処できないかと考えているならこちらを見てみましょう。
土地活用を考えているがどうしたら良いの?