menu

実家が空き家になった時の対策方法

住宅の売却「仲介」と「買取」の違い!メリットとデメリットは?

仲介と買取のメリットとデメリット

大切な住宅(家)を後悔のないように売るためにも、最低限の売却の流れや用語などの基礎知識を事前に知っておくことも必要です。

ここでは不動産会社に家を売ることを依頼した場合の2つの方法、「仲介」と「買取」について詳しく紹介していきます。

「仲介」と「買取」とは?

「仲介」とは住宅(家)を売りたい側(売主)と家を買いたい側(買主)との間に、不動産会社が入って仲立ちをして話をまとめることをいいます。

売買契約をスムーズに進めるための方法で、仲介する不動産会社は家を売りたい側に代わって積極的な販売を行っていくというものです。

専門業者に仲介を依頼すると長年の経験や知識、情報網などが活用できるため、個人で売買を行う場合とは比べ物にならないほど確実に売却依頼が可能となってきます。

「買取」とは、不動産会社が売却したい家を購入して買主になることをいいます。

「買取」は「仲介」とは異なり、時間と費用をかけて買主を探す必要がありません。

少しでも早く家を売りたい方にとっては「仲介」よりも「買取」のほうが効率的な方法といえるでしょう。

いずれの方法も不動産会社が関係することに変わりはありませんが、次のようなメリットとデメリットがあることをよく理解しておいてください。

「仲介」「買取」のメリットとデメリット

「仲介」のメリットは、何といっても住宅(家)が高く売れやすいという点です。

売主が掲げた条件に合う買主を徹底的に探すことができるのが「仲介」のメリットで、時間はかかっても納得できる金額で売りたいという方にとってはおススメの方法といえます。

ただし「仲介」を行っても、条件に合う買主を探すのは簡単ではありません。

この先何年待っても買手が現れないという可能性もゼロではないというデメリットもあるのです。

不動産会社に仲介してもらうのですから、仲介手数料として売却額の5%から10%を支払う必要が生じるというデメリットもあります。

「買取」のメリットは、とにかく早く売却できるという点です。

不動産会社が買主になるのですから、売主が金額に納得したら即座に売却できます。

時間をかける必要が無いため資金計画が早々に決まり、仲介手数料を不動産会社に支払う必要もありません。

不動産会社の手による販売活動で、多くの方に情報を知られる必要もありません。

「早く売りたい」「売れるかな?」「気に入ってくれるかな?」など家が売れるまでの間のストレスも一切無いのも「買取」のメリットといえます。

「仲介」に対し「買取」は多くのメリットがありますが、「仲介」よりも売却額が安くなりがちなのが大きなデメリットです。

多くの場合、不動産会社は買取った不動産をリフォームして売却することになります。

そこから不動産会社は利益を十分に出すために、少しでも安い金額で買取したいと交渉してくるでしょう。

以上のように「仲介」と「買取」には、それぞれメリットとデメリットがあります。

住宅(家)を売る前に、どちらを選択したほうがメリットが多いのかを検討したうえ決断するようにしましょう。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?