menu

実家が空き家になった時の対策方法

住宅街にある土地の活用方法は?

住宅街にある土地の活用方法

住宅街に土地を所有している場合の活用方法について紹介します。

有効に土地活用をするためには、その住宅街がどんな場所にあるのか、周辺環境はどうか、駅や幹線道路とのアクセスなどについても考慮するようにしてください。

賃貸アパート

コンパクトな土地の活用法として最も人気があるのが賃貸アパートです。

土地の敷地面積が比較的狭く、マンションには少し足りないという場合でも活用しやすいという特徴があります。

利用者を想定したタイプ、高級用、リーズナブル用など賃料を想定したタイプがありますので、予算に合わせて検討してみるといいでしょう。

賃貸アパートの種類:単身者(独身)向け、家族向け、女性向け、高齢者向け、学生向けなど

賃貸アパートのタイプ:高級、中級、リーズナブルなど

賃貸アパートのメリット:収益性が高い、節税効果がある、相続対策になる

賃貸アパートのデメリット:建設資金が必要、回収までに時間を要する

賃貸マンション

土地が比較的広い場合、賃貸マンションという活用方法があります。

賃貸アパートより高い建物を建築できるため、収益性という点にも長所があります。閑静な住宅地に適しているだけでなく、幹線道路に近い土地でも活用が可能です。近年ではポピュラーなマンションだけでなく、ひと味違うタイプもマンションも人気があります。

賃貸マンションの種類:単身者(独身)向け、家族向け、女性向け、高齢者向け、学生向けなど

賃貸マンションのタイプ:高級、中級、リーズナブル、デザイナーズなど

賃貸マンションのメリット:長期的に収益性が高い、節税効果がある、相続対策になる

賃貸マンションのデメリット:建設資金が高い、空室リスクがある

高齢者用の住宅

土地が閑静な環境にある場合、高齢者用の賃貸住宅(アパート・マンション)という活用方法もあります。

サービス付きの高齢者用施設は、最近、特に注目されている活用法です。

高齢化社会の進捗とともに、今後さらにシニア需要は伸びていくと予想されています。

ビジネスとして収益を追求するだけでなく、社会貢献性も高い分野といえるでしょう。

高齢者用の住宅種類:アパート、マンション、サービス付きなど

高齢者用の住宅タイプ:高級、中級、リーズナブルなど

高齢者用の住宅メリット:安定収入が見込める、空室リスクが少ない、税金対策になる

高齢者用の住宅デメリット:建設資金や維持費が必要、回収までに時間がかかる

クリニック(診療所)

住宅街の土地で、近隣に医療機関がないという場合に適した活用方法です。

総合病院はあるが遠くて不便というような環境なら、コンパクトな土地でも利用できるクリニック(診療所)の建設で活用できます。

多少、駅から遠くても幹線道路のバス停から近い、駐車場スペースがあるといった状況なら需要が見込めます。

クリニックの種類:内科、外科、歯科、小児科、整形外科など

クリニックのタイプ:単科、複合診療科、総合診療科など

クリニックのメリット:安定収入が見込める、税金対策になる

クリニックのデメリット:建設資金や設備費が掛かる、駐車スペースが必要

介護用の施設

所有地をビジネスだけでなく社会貢献にも使いたいという人に適した活用法が介護施設の建設です。

高齢者向けの施設としては住宅、有料老人ホーム、小規模多機能施設、グループホーム、デイサービス施設などがあります。

超高齢化社会に突入したという日本の現状ですが、地域貢献性が高い事業として検討してみてはいかがでしょうか。

介護用施設の種類:介護施設、訪問看護ステーション、高齢者支援施設など

介護用施設のタイプ:グループホーム、ショートステイ施設、デイサービス施設など

介護用施設のメリット:安定収入が見込める、社会・地域貢献、税金対策

介護用施設のデメリット:建設資金や設備費が掛かる、回収に時間が掛かる

店舗併用の賃貸住宅

住民の多い住宅街や大通りに面した土地の活用法として有効なのが店舗併用型の賃貸アパートやマンションです。

1階にコンビニや商店を設け、2階以上をアパート・マンションとして賃貸に活用できます。

貸店舗の賃料プラス入居者の賃料を得られる安定した経営が見込めます。

一部オフィスとして貸してもいいでしょう。

店舗併用の賃貸住宅の種類:店舗付き賃貸アパートまたは賃貸マンションなど

店舗併用の賃貸住宅のタイプ:高級、中級、リーズナブル、オフィス付きなど

店舗併用の賃貸住宅のメリット:安定収入が見込める、空室リスクが減らせる、税金対策

店舗併用の賃貸住宅のデメリット:建設資金が必要、空室リスクがある

店舗・飲食店

土地に店舗や飲食店用の賃貸物件を建築して貸すという活用法もあります。

住宅街に建設可能で地域住民に必要とされる物件を選ぶのが成功の秘訣です。

ビジネスとしての店舗経営を行なう必要はなく、物件を事業者に貸すだけなので専門ノウハウは必要ありません。

ただし、業務内容によっては水回りなどの設備にコストが掛かる場合もあります。

店舗・飲食店の種類:コンビニ、衣料品、食料品、ラーメン店など

店舗・飲食店のタイプ:物販、飲食、カフェ、医薬品、化粧品など

店舗・飲食店のメリット:安定収入が見込める、税金・相続対策

店舗・飲食店のデメリット:建築費や設備費にコストが掛かる

オフィス・事業所

土地にビルなどを建築してオフィスや事業所として貸すという活用法です。

居住用の住宅や店舗は避けたいという場合に適しています。

オフィス(事務所、会議室)以外にも、事業拠点として賃貸することもできます。

倉庫や荷物集積所、集配所などの拠点としても活用可能です。

オフィス・事業所の種類:会社、事務所、会議室、倉庫、事業拠点など

オフィス・事業所のタイプ:オフィス、事業所、荷物集積・集配所など

オフィス・事業所のメリット:安定的な収入が見込める、税金対策

オフィス・事業所のデメリット:周辺環境への配慮が必要になる

駐車場・駐輪場

建築コストを低く抑え、資金回収が早期に行なえるのが駐車場や駐輪場という活用方法です。

照明や屋根付きでなければ初期予算はさほど必要ではありません。

駐車専用、駐輪や駐バイクとの併用型などのタイプもあります。

土地の面積によっては屋根付きや立体駐車場も高い利益が期待できます。

駐車場・駐輪場の種類:駐車場、駐輪場、駐バイク場など

駐車場・駐輪場のタイプ:平置き型、立体型、屋根付き型など

駐車場・駐輪場のメリット:初期コストが低くて済む、税金対策

駐車場・駐輪場のデメリット:賃料が安いので大きな利益は見込めない

住宅街の土地活用の注意点

住宅街に土地がある場合、活用法に迷う地主さんもいるようです。

自治体によっては住宅街の土地の利用法に制限があるためで、地主さんの思い描く活用ができないこともあるからです。

例えば居酒屋などを建てて活用しようとすると、商業地域から一定の距離を隔てていること、小学校や保育所が近隣にないことなどの条件が設けられているケースも見られます。

土地活用計画を立てる前には、しっかりと専門家に相談しておくことをオススメします。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?