menu

実家が空き家になった時の対策方法

新法律「空き家対策特別措置法」で何が変わったの?

新法律「空き家対策特別措置法」について何が変わったかの知識

メディアが大きく取り上げ、かなりの反響があったのが「空き家対策特別措置法」に関するニュースです。

現在、空き家を持っている方、今後空き家になりそうな住宅を抱えている方、所有する空き家を放置している方は、この法律の意味をしっかりと把握して対応を取る必要があります。

将来的な有効活用が難しい空き家をお持ちなら、今のうちに売却処分しておいたほうが得策かもしれません。

以下に、衆議院本会議で可決成立した「空き家対策特別措置法」に関する内容を簡単にまとめていますので、ぜひご参考にしてみてください。

空き家対策特別措置法とは?

平成27年2月に成立した「空き家対策特別措置法(空き家等対策の推進に関する特別措置法)」には、日本全国で増加し続けている空き家問題の解消を促進する目的があります。

その主な内容は、空き家のある土地の固定資産税の軽減措置の見直しから近隣住民への迷惑行為による「特定空き家」を判断する対応措置などです。

「空き家」とみなされるのは?

この法律ではどのような状態が「空き家」と判断されるのでしょうか。

国土交通省の指針では、建物を1年間放置した状態を空き家とするとされています。

現実的にいうと、各自治体が住宅1軒1軒を定期的に回って確認するのは難しいため、人の出入りや、電気・ガス・水道といったものの使用実績等から判断する方法が取られるかもしれません。

空き家と判定した建物については、近隣住民への迷惑行為、倒壊の恐れ、不法投棄やゴミ、材木の放棄、景観の妨げなどの点を鑑みて「特定空き家」と決定する判断材料にします。

そのうえで税の優遇措置の適応除外、罰則、強制解体などの処分が下される事になるわけです。

これらの対策は、平成27年5月末から各自治体によって実施されます。

現在放置中の空き家を所有している方、今後空き家になりそうな実家が遠方にある方などは早急に修繕・管理を行なうか、賃貸や売却などの対策を取る必要があるでしょう。

新しい法律「空き家対策特別措置法」によるデメリット

平成27年に「空き家対策特別措置法」が成立した事で、長年にわたって空き家を所有してきたオーナーにとってはかなりのダメージがあると考えられます。

例えば、地方や郊外に空き家になっている実家があり、オーナーは都心で一戸建て住宅やマンション等で生活をしている方の場合は、空き家対策が必須となるかもしれません。

法律施行前は仕事や子供さんの学校などの問題があって実家で生活していなかったとしても、固定資産税の優遇措置などを受ける事が可能でした。

しかし法律施行後は優遇措置がなくなる事で、従来の税率の6倍もの固定資産税の負担が重くのしかかる可能性も出てきたからです。

今まで「いずれ何とかしよう」と安易に考えていた空き家であっても、そのまま放置し続けると行政指導により強制的な解体等の対応を迫られる場合もあります。

これまで何ら管理を行っていない空き家の場合、慌てて売却しようと思っても新しく成立した法律によって不動産評価が激減する事もあります。

過去には数千万円もの価値があった空き家でも、数十万円程度まで資産価値が下がってしまうというケースもあり得ます。

空き家の解体にかかる費用は建物の規模によっても多少の違いはありますが、100~200万円程度掛かるというのが一般的です。

建物内部の家具家財の廃棄費用まで含めると、ザッと見積もっても300~500万円程度は必要と考えていいでしょう。

現在、空き家問題で悩んでいる方や、法律の内容が分かりにくいという方は、より有効な対策を採るためにも専門家に相談される事をオススメします。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?