menu

実家が空き家になった時の対策方法

犯罪に巻き込まれやすい空き家を上手に管理する方法

犯罪巻き込まれやすい空き家の対策と管理法

国内の青少年の犯罪が増加傾向にありますが、その原因の一つに治安の悪化があります。

放置された空き家も青少年の犯罪に深く関係しているといわれますが、いったいどのような事情が隠されているのでしょうか。

ここでは、空き家が犯罪に深く関係している理由をまとめてみました。

所有する空き家を放置中の方は、ぜひ今後の対策の参考にしてみてください。

放置された空き家が犯罪を呼ぶ?

現在社会問題となっている空き家、すなわち誰も住まなくなった建物は全国に820万戸以上も存在します。

所有者の大半は空き家が社会問題になっている事に気付かず、そのまま放置し続けているというケースが多いようです。

第一に、空き家が増えると街の雰囲気が悪化します。

空き家は窓ガラスや塀などの破損があったり、庭にゴミや屋根瓦が散乱しているなど荒れた状況になりやすいものです。

中には、冷蔵庫や洗濯機など家電製品の不法投棄の場所と化している空き家も存在しています。

近隣住民はもちろんですが、その町を訪れる人から見てもイメージが悪く、住み心地の悪い町になってしまうという問題があります。

それに加え、誰も住んでいない家は犯罪の温床になる危険性もあります。

大人の目が届かない空き家は、少年たちの喫煙や飲酒、いじめなどの場所となってしまう事もあるのです。

タバコの火の不始末などが原因で火災が発生すると、近隣住民を巻き込んだ大惨事になってしまうケースもあるでしょう。

このように、多くの人を危険に巻き込んでしまう空き家を放置し続けるのは問題と言わざるを得ません。

空き家管理のサービスもある

現在抱えている空き家の処分に悩んでいるのなら、今後の方針が決まるまでは徹底した管理を行う必要があります。

遠方に空き家がある場合は、所有者が定期的に通って管理する事は難しいでしょう。

そのようなときには、空き家の管理サービスを行っている業者に依頼するという方法もあります。

サービス業者は空き家の換気や通気から、排水溝に溜まっている水の処理、カビや虫、悪臭の発生の予防、掃除や雨漏り対策などを行なってくれます。

さらには外壁のヒビの修復や植栽の管理、郵便受けのチラシの処分や郵便物の転送なども請け負ってくれる業者もいますので、必要に応じて相談してみてはどうでしょうか。

空き家を定期的にメンテナンスする事により、犯罪から空き家を守るだけでなく今後の有効活用の幅にも大きく影響してくるでしょう。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?