menu

実家が空き家になった時の対策方法

実家の空き土地の駐車場経営!メリットとデメリット

空地を駐車場にするのは考えるところです

空き家を解体して更地にしたものの、どのように活用すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

更地の活用法として人気なのが駐車場経営ですが、メリットだけでなくデメリットもあるというのは周知のとおりです。

ここでは、空き家解体後の駐車場経営のメリットとデメリットをまとめていますので、ぜひ今後のご参考にしてみてください。

少ない資金で始められるというメリット

老朽化が深刻な空き家を解体した後、手軽にスタートできるのが駐車場経営です。

駐車場を経営するといっても、運営方法にはいろいろな種類があります。

例えば、空き家解体後の更地に一切の手を加えず、近隣の住民に格安で駐車場として利用してもらうスタイルから、ホームセンター等で購入した材料を使って自ら屋根や区切り線を引くような手作りスタイルの駐車場もあります。

ほかにも更地をきれいに舗装し管理人が常駐するスタイル、無人でも機能するコインパーキングなど実にさまざまです。

いずれの場合も、比較的少ない費用で始める事ができるのがメリットといえるでしょう。

一度駐車場を始めてもすぐ元通りの状態に戻す事できるので、失敗によるリスクを最小限に抑える事ができるというメリットもあります。

更地のまま固定資産税だけを払い続けるよりは、少ない収入でも確保したいという方にとっては、大変魅力的な活用法ではないでしょうか。

ひとつ注意したいのは、コインパーキングやビルタイプの駐車場にするには建築や設備投資等にかなりの費用がかかるという点です。

駐車場の場所によっては、大規模な駐車場を作ったにもかかわらず期待したほど利用者が確保できないというケースもありますので、どのタイプの駐車場にすべきかを事前にマーケティングする必要があるでしょう。

税制上の優遇が少ないというデメリットも

多くのメリットがある駐車場経営ですが、その一方で節税効果があまり期待できないというデメリットもあります。

空き家を改修して賃貸物件として運営する場合、相続税・都市計画税・所得税・固定資産税などの減税が行われるので節税効果は高くなります。

ところが空き家解体後の更地を駐車場にしても、土地の評価が更地扱いとなるため相続税の減税がないうえ、賃貸物件のような固定資産税や所得税の優遇措置等もありません。

駐車場経営は賃貸住宅やアパートの運営と比較すると確かに節税効果は低いものの、皆無というわけでもありません。

更地のアスファルト舗装やフェンス等の減価償却資産を設置していれば、固定資産税の評価減の督励を受ける事は可能です。

固定資産税や都市計画税を経費として計上できる分、所得税の減税も期待できます。

更地のまま放置した場合と比較すると、少なからず節税効果はあると考えていいでしょう。

駐車場経営によるリスク

空き家解体後に手軽にスタートでき、少ないながらも節税が期待できる駐車場経営ですがリスクもあります。

駐車場経営によるリスクは大きく分けて次の2点です。

(1) 手軽にスタートできるために事前マーケティングが不十分になりがちで、結果として思うような集客ができず利益が出し難くなるケースがあるという点です。

集客するために看板を設置する、広告を打ち出すとなるとその分の費用がさらにかかってしまうので、空き家解体後の更地で駐車場経営をした場合、どのくらいの客が見込めるか、時間をかけて検討しておく必要があるでしょう。

(2) 駐車場内では車上荒らしや設備破壊による料金の踏み倒し、無断駐車などのトラブルが発生する可能性があります。

管理人が常駐していない駐車場で無断駐車を防ぐのは難しく、どの経営者も悩んでいる問題で防犯カメラなどの設置が必要になる場合もあるでしょう。

最近では不要になった車を不法投棄するトラブルもありますので、管理体制を強化する必要が出て来る事もあります。

住宅の価値はいくら?先ずは知る事が重要!
土地活用を考えているがどうしたら良いの?